代理人

banner

交通事故を起こした場合、被害者と加害者同士の話し合いで
平和的に解決へ進むことはほぼありません。
何かしらの問題はやはり起こりますし、専門知識もあまりないので
感情的な言い争いになることがほとんどでしょう。


そのため、自力で被害者や保険会社と交渉するよりも、
弁護士を代理人として選任して交渉を依頼することをおすすめします。


メリットとしては、まず専門的知識を生かせるという点があります。

交通事故の加害者となった場合、少しでも賠償額を減額するためには
法的知識が必要不可欠です。

過失相殺の割合の基礎的知識であったり、損害の内容や相場等、
自分では調査できない知識でも、弁護士を選任すれば容易となります。

次に、相手方である被害者や保険会社に対して一定程度の
プレッシャーを与えることができます。

加害者本人の交渉だと、交通事故の法的知識について素人であると見られ、
被害者に全く落ち度がないとされたり、不必要な治療費まで
支払わされるおそれがあります。

また、弁護士は豊富な交通事故案件を扱っていることもあり、
過失や賠償額の相場を知ることができます。

相場は交渉をスムーズに進めるためも重要な情報であるといえます。
感情的にもなりませんので、任せておく方が確実な結果が得られるでしょう。

このように、弁護士に依頼するかどうかによって、迅速に紛争を
解決できるかどうかや、解決の内容が変わるといえます。

のんびり